プレイ日記

ドラゴンクエストヒーローズ(初代)トロコン

ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城 - PS3
PS3版の「ドラゴンクエストヒーローズ」でプラチナトロフィーをとった話です。
先日のジョジョASB以降、なんだかトロフィー取得熱がわいてきてしまいました。
年末のPS4は一体なんのために買ったのかという感じです(答:妻がドラクエ11をやるため)。

なお、このソフトは2015年に購入済み、7割程度のトロフィーは取得済みでした。

下準備:まずは、小さなメダル稼ぎ

トロフィー取得にあたり、とにかく必要なのは「小さなメダル」でした。小さなメダルは、モンスターを倒したときにたまに入手できます。たくさん集めるには、大量のモンスターを倒しまくるしかありません。
大体どこの攻略サイトでも紹介されているのですが、この作業においてはビアンカの「さみだれうち」が猛威をふるいます。

複数の矢が画面内のモンスターを追尾して飛んで行く、ロックオンレーザーのような技なのですが、これを放っているだけで、ザコモンスターは泡のように消えていきます。ビアンカ、原作では弓矢使ってなかった気がするのですが、強すぎるから…?

さみだれうちを使うとMPが減ってしまうので、「会心時MP回復」のスキルと、会心率アップの「ちからのルビー」を装備します。これだけで、まずMP切れは起こりません。
さらに、ちいさなメダルドロップ率アップの「せいれいのゆびわ」を装備すれば鬼に金棒、ビアンカに弓矢です。

この装備で、コートルダの戦い(中級)へ出撃。ちょっと進んで右にいったところの小道で、湧き出るモンスターにひたすらさみだれうち、さみだれうち。チャリーンという音がすれば、小さなメダルゲットの合図です。

あとは、ひたすらこれを繰り返すだけです。「自分は一体何をしているのだろう…」という気持ちになりますが、そんなことを考えている暇があるなら一回でも多く「さみだれうち」を撃ちなさい。

トロフィー取得へ

ちいさなメダルが集まったら、トロフィー回収に移ります。

そうびひんマスター

すべての武器とオーブ(防具)を入手することが条件です。
「せんれき」に表示されていないアイテムを店で購入し、メダル交換で手に入るものは全て入手、強化モンスターの討伐で得られる装備品をすべて入手。これでトロフィーゲットです。追加配信コンテンツの装備品は対象外です

初期装備より弱い武器など、普通使わないようなものもわざわざ買う必要があります。

自分は、貴重品でもなんでもない「スパンコールオーブ」を買い逃していて、店で普通に購入後、地味にトロフィー達成しました。

アクセサリーマスター

小さなメダルとの交換で錬金レシピを入手して、錬金釜で合成。「入手していないアクセサリー」の判断が難しかったので、アクセサリー1種類につき最低1個手元に残すようにして、所持数がゼロのものを作成する、という方法で100%達成しました。
合成に必要な素材が足りない場合は、すぐに手に入りそうな素材はモンスター狩りで、そうでない素材(メタルスライム系が落とす「ヘビーメタル」など)はメダルと交換で入手しました。

錬金マニア

アクセサリーの錬金通算100回が条件。上記「アクセサリーマスター」を達成後、手当たり次第錬金していたら条件クリアしました。

強者の中の強者

全強化モンスターの討伐。まものハンターの取得過程で必然的に取れます。

まものハンター

強化モンスター含めた全ての敵を倒せばOK。ゾーマやダークドレアムを倒す必要はありません。ブオーンはどうだったかな・・・

最終関門は「アトラス」でした。
推奨されるテリーを使っても全然勝てなかったのですが、それは「スーパーハイテンション」状態を長く使い過ぎていたせいでした。
スーパーハイテンション」になると、一定時間無敵かつMPを消費しなくなるため、ガンガン攻撃したくなるのですが、実際は終了時に発動する「必殺技」の方が重要でした。
必殺技(テリーだとジゴスパーク)を当てるとアトラスがしばらく動かなくなるので、
その間に攻撃を当ててテンション補充、再度スーパーハイテンションモード、即中断して必殺技。
これを繰り返し、アトラスを足止めし続けるのが大事でした。
主人公、テリー、ヤンガス、アリーナのパーティーでクリア
テリー以外は、たまに必殺技を使う役。

偉そうにポーズを決めている主人公も、テリー様の引き立て役です。

まものコレクター

すべてのモンスターコインを入手する。特にむずかしいことはありませんでした。ちなみに最後に仲間にしたのは「ベリアル」。

ぱふぱふマスター

すべての仲間に「ぱふぱふ」をしてもらうと取れるのですが、完全に運任せのため厳しかったです。酒場に集まっている仲間に話しかけると、ごくたまに「ぱふぱふ」イベントが始まります。通常の会話だったときは、一回戦闘に出撃するまでは変化しません。これを12人分すべて行う必要あり。
出撃〜酒場に行く〜仲間に話しかける〜出撃〜 を延々と繰り返しました。
ラストは意外(?)にもマーニャでした。
「すべての仲間」といいつつも、追加配信キャラであるピサロは対象外です。

ほこらの探求者

ほこらの試練で50回勝利する。ほこら=ボスとの再戦。最初のボスであるドラゴンを討伐し続けました。慣れれば6秒で瞬殺できます(ヤンガスの蒼天魔斬使用)。
が、倒したドラゴンがスローモーションで倒れる演出、出現した宝箱を開ける手間、勝利ポーズの演出、バトシエ遠景でのローディング、バトシエ内部でのローディング …と、戦闘以外の待ち時間が長くて苦痛でした。

ここまでやって、めでたくプラチナ達成です。

ゲームの感想など

すでに2作目をプレイ済みのため、それと比較するとインタフェース周りの不親切さやキャラバランスなど、足りていない部分が目立ちます。2を未体験ならきっと楽しいです。

とりあえず、ドラクエの歴代キャラクターに声がついて動き回る、というだけでも、一見の価値ありかと思います。

一部主要キャラの声は芸能人が担当しています。主人公の男女が松坂桃李と桐谷美玲、ワルモノ役が染川愛之助。話題作りかと思いきや上手いです。

アリーナの声(しょこたん)は、キャラに合ってない気がするんですが…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください